協議会について

  1. HOME
  2. 協議会について
  3. わたしたちのあゆみ

わたしたちのあゆみ

日本ヒーブ協議会では、常に社会の変化をとらえながら "ヒーブとしての役割"を見つめ、毎年時代に即したテーマを設定し活動しています。

第39期(2017年4月~2018年3月)
代表理事 宮木 由貴子
(株)第一生命経済研究所
関西支部長 川口 徳子
日本ハム(株)
九州支部長 花田 泉
クリエイティブオフィスビーンズ
三位一体で描く消費環境デザイン -消費者・企業・行政で紡ぐ次世代の消費社会-
  • 公開講演会「今、なぜ、消費者志向経営か。なぜ、行政が取り組むのか。」開催(2017年4月)
  • 内閣府 男女共同参画推進連携会議に参加(2017年4月・6月・10月・2018年2月)
  • 関西支部公開講演会 【Challenge with Dream】(チャレンジ ウィズ ドリーム)~夢の実現に向けチャレンジ~開催(2017年5月)
  • 九州支部公開講座 「“誰もおきざりにしない社会”を目指して~ コカ・コーラに学ぶ、HAPPYな企業・くらし・働き方」開催(2017年5月)
  • 九州支部スキルアップセミナー開催(2017年6月・9月)
  • 日本消費者教育学会 第37回全国大会にて発表(2017年10月)
  • 関西支部 内閣府 男女共同参画推進連携会議 共催シンポジウム「次世代の仕事と生活の調和を創造する」~学生・就業者・企業の多様な視点で考える~(2017年10月)開催
  • 消費者委員会委員と消費者団体ほか関係団体等との 意見交換会に参加(2017年11月)
  • 関西支部 ACAP・ヒーブ合同月例研究会開催 (2017年11月)
  • 九州支部 内閣府 男女共同参画推進連携会議 共催シンポジウム 働きやすい地域は暮らしやすい!「”九州男女”の共同参画」~ワーキングスタイルから考えるまちづくり~ (福岡2017年12月・熊本2018年1月)開催
  • 40周年記念事業プレ・イベントとしてのシンポジウム 「 21世紀の消費社会と男女共同参画をふり返る 〜女性視点は企業をどう変えてきたのか〜」(2017年12月)開催
  • 九州支部 マラソンミーティング開催(2017年2月)
第38期(2016年4月~2017年3月)
代表理事 宮木 由貴子
(株)第一生命経済研究所
関西支部長 吉田 妙子
(株)Mizkan Partners
九州支部長 岩井 美樹
(有)リリアプロジェクト
働く女性の「三方よし」-“自分よし・企業よし・社会よし”の視点で生活者を考える-
  • 公開講演会「お客さま起点の経営に向けて~お客さまも社員も、より輝ける社会を目指して」開催(2016年4月)
  • 関西支部公開講演会 「私と仕事と音楽と」開催(2016年5月)
  • 九州支部公開講座 ファシリテーションによるトークセッション「企業・女性・地域での人間力とは何か ~多様な立場で見つける人間力」開催(2016年6月)
  • お客様対応基礎講座開催(2016年9月、2017年2月)
  • 日本消費者教育学会 第36回全国大会にて発表(2016年10月)
  • 関西支部 ヒーブセミナー開催(2016年10月)
  • 九州支部 ヒーブセミナー開催(2016年11月)
  • 関西支部ACAP・ヒーブ合同月例研究会開催 (2016年11月)
  • 全国大学生活共同組合連合会 大学生協東京ブロックとの交流会実施/商品・サービス研究分科会(2016年11月)
  • 内閣府 男女共同参画推進連携会議 共催シンポジウム 「多様な職場から見える“男女共同参画”の課題とヒント」~生活者視点で目指す消費者志向経営~(2016年12月)
  • 九州支部 マラソンミーティング開催(2017年3月)
第37期(2015年4月~2016年3月)
代表理事 川口 徳子
日本ハム(株)
関西支部長 鉄田 由美
(株)アンデルセンサービス
九州支部長 岩井 美樹
(有)リリアプロジェクト
社会の変化をとらえ、企業の中から社会へ-生活者視点で学び、考え、行動し、発信する-
  • 公開講演会「消費者市民社会の実現に向けて」開催(2015年4月)
  • 九州支部公開講演会 スキルアップセミナー開催(2015年4月)
  • 関西支部公開講演会「キリンのCSVの取り組みとお客様満足」開催(2015年5月)
  • 九州支部公開講座「福岡の買い物を考える!~シニアが集う&買う!シニアにやさしい街を目指して~」開催(2015年6月)
  • 関西支部・九州支部でヒーブセミナー開催(2015年10月)
  • 日本消費者教育学会 第35回全国大会にて発表(2015年10月)
  • 消費者委員会 消費者委員会委員と消費者団体ほか関係団体等との意見交換会に参加(2015年10月)
  • 公開講演会「今こそ高くても売れる商品を!」開催(2015年12月)
  • 文部科学省 消費者教育フェスタin大分 デモンストレーション授業・実践交流会(2016年1月)
  • お客様対応基礎講座を開催(2016年1月、2月)
  • 国民生活センター全国消費者フォーラムにて発表/調査グループ(2016年2月)
  • 消費者委員会 消費者委員会委員と消費者団体ほか関係団体等との意見交換会に参加(2016年3月)
  • ACAPとの共催「マインドアップセミナー」開催(2016年3月)
  • 「超高齢社会における企業の消費者対応~お客様の声を活かした取り組み33事例~」発行(2016年3月)
第36期(2014年4月~2015年3月)
代表理事 上田 稚子
(株)アンデルセン・パン生活文化研究所
関西支部長 山本 千草
パナソニック(株)
九州支部長 花田 泉
クリエイティブオフィス ビーンズ
ヒーブ視点での新しい価値創造-生活の質の向上をめざして-
  • 公開講演会「お客様と経営をつなぐ、しなやかな女性の働き方」開催(2014年4月)
  • 関西支部公開講演会「花王のユニバーサルデザイン~超高齢化社会に向けての取り組み~」開催(2014年5月)
  • 千代田区男女共同参画社会推進事業共催シンポジウム「働きたい 子育て男女のワーク&ライフ」開催(2014年9月)
  • 消費者委員会 消費者委員会委員と消費者団体ほか関係団体等との意見交換会に参加(2014年9月)
  • 日本消費者教育学会 第34回全国大会にて発表(2014年10月)
  • 関西・九州合同月例研究会を開催(2014年10月)
  • 文部科学省 消費者教育フェスタ in堺(2014年10月)
  • 第5回4団体(ACAP/NACS/全国消費生活相談員協会/ヒーブ)合同月例研究会開催(2014年11月)
  • 消費者委員会 消費者委員会委員と消費者団体ほか関係団体等との意見交換会に参加(2015年2月)
  • 国民生活センター全国消費者フォーラムにて発表/お客様対応を考えるグループ(2015年2月)
  • お客様対応基礎講座を開催(2015年1月、2月)
  • 文部科学省 消費者教育フェスタ in川崎市西生田小学校(2015年3月)
第35期(2013年4月~2014年3月)
代表理事 杉本 美穂
ライオン(株)
関西支部長 野中 淳代
第一生命保険(株)
九州支部長 花田 泉
クリエイティブオフィス ビーンズ
生活者と企業が共に成長する豊かな社会に向かって-ヒーブ視点マーケティングの実践-
  • 公開講演会「最近の消費者行政の動き」~地域における“協働”の推進を目指して~開催(2013年4月)
  • 「第9回働く女性と暮らしの調査報告書」発行/調査グループ(2013年5月)
  • 関西支部公開講座「現在の消費トレンドと消費者意識~そして、それを活かす正しいマーケティングとは?~」開催(2013年5月)
  • 九州支部公開講演会「企業を伸ばす女性のリーダーシップ~求められるリーダー像とは~」開催(2013年5月)
  • 合同月例研究会「ヒーブcafe~働く女性に必要なモノとは~」(30周年記念行事)関西で開催(2013年10月)
  • 消費者庁 阿南長官と情報交換会開催(2013年11月)
  • 第5回ヒーブ/ACAP合同研究会開催(関西)(2013年11月)
  • 九州支部公開講演会「人材を育てる!組織が伸びる! コミュニケーション経営」開催(2013年11月)
  • 「お客様の声を活かした取り組み55事例」(35周年記念)発行(2013年12月)
  • お客様対応基礎講座を開始/お客様対応を考えるグループ(2014年1月)
  • 国民生活センター全国消費者フォーラムにて発表/35周年記念プロジェクト(2014年2月)
第34期(2012年4月~2013年3月)
代表理事 細島 芳
第一生命保険(株)
関西支部長 野口 美樹
(株)ダスキン
九州支部長 岩井 美樹
(有)リリアプロジェクト
日本ヒーブ協議会の原点再考-会員・企業の更なるネットワーク構築を目指して-
  • 公開講演会「ベンチャーに生きる~生活者視点からのニーズの把握~」開催(2012年4月)
  • 関西支部公開講座「新たな“気づき”がサービスを変える~行動観察から見える新たな視点から」開催(2012年5月)
  • 九州支部公開講座「福岡ソフトバンクホークスの思いを伝える力は、これダ!」開催(2012年6月)
  • 合同月例研究会を関西で開催(2012年9月)
  • 第4回ヒーブ/ACAP合同研究会開催(関西)(2012年11月)
  • 内閣府・男女共同参画推進連携会議・日本ヒーブ協議会共催キャリアアップセミナー「考えよう!これからの女性の働き方~女性の活躍推進に向けて~」開催(2012年12月)
第33期(2011年4月~2012年3月)
代表理事 髙野 逸子
アフラック
関西支部長 藤原 正江
(株)アンデルセンサービス
九州支部長 宮崎 和恵
おおいたインフォメーションハウス(株)
日本ヒーブ協議会の原点再考-生活者・行政・企業のさらなる「連携と協動」を目指して-
  • 公開講演会「日本経済の活路~消費者起点が改革のカギ~」開催(2011年4月)
  • 関西支部公開講座「2011年Mart的マーケットの読み方」開催(2011年5月)
  • 九州支部公開講座「いい会社とは、いい対話とは。コミュニケーション能力のある会社になるために」開催(2011年6月)
  • 九州支部 福岡市男女共同参画推進センタ―「アミカス」との共同企画「アミカス△共感ゼミ×ヒーブカフェ」開催(2011年9月)
  • 日本消費者教育学会全国大会で資料展示/関西支部(2011年10月)
  • 関西支部 ヒーブセミナー開催(2011年11月)
  • 内閣府・男女共同参画推進連携会議・日本ヒーブ協議会共催キャリアアップセミナー「あなたらしく自己実現できるキャリア開発の方法」開催(2011年12月)
  • 東日本大震災に伴う義援金および公益財団への寄付を実施(2011年4月~12月)
  • 国民生活センター全国消費者フォーラムにて発表/お客様対応マニュアル編集プロジェクト(2012年2月)
  • 九州支部公開講座「ヒーブカフェ 震災後、わたしたちの消費行動は変わったか?」開催(2012年3月)
  • 「電話・Eメールお客様対応マニュアル」発行/お客様対応マニュアル編集プロジェクト(2012年3月)
第32期(2010年4月~2011年3月)
代表理事 髙野 逸子
アフラック
関西支部長 越智 亜季
(株)フレスタ
九州支部長 高柳 薫子
(株)アヴァンティ
日本ヒーブ協議会の原点再考-ヒーブ視点の実践と変革・挑戦にむけて-
  • 公開講演会「もっともっと開かれた食品づくりへ。OPEN品質」開催(2010年4月)
  • 関西支部公開講座「消費者・企業の相互理解と信頼づくりに向けて」開催(2010年5月)
  • 九州支部公開講座「ぶれない軸を持つ~私のクライアントセンタード(顧客中心・使用者中心)の実践~」開催(2010年5月)
  • 公開講座「消費者関連団体の活動に学ぶ~生活者と企業のよりよい関係を目指して~」開催(2010年6月)
  • 第8回「働く女性と暮らしの調査-女性が前向きに働き続けるために-」発行/調査グループ(2010年6月)
  • 公開講座「消費者庁の消費者行政と今後の取り組み」開催(2010年7月)
  • 合同月例研究会を九州で開催(2010年9月)
  • 2010APEC 女性リーダーネットワーク会合に出展(2010年9月)
  • キャリアアップセミナー「カラーユニバーサルデザイン入門」開催(2010年11月)
  • 関西支部 ヒーブセミナー開催(2010年11月)
  • 九州支部公開講座「あすばる男女共同参画フォーラム2010参加団体テーマ企画(福岡県あすばる助成金事業)「働くって楽しい!ヒーブ『働き方』市」開催(2010年11月)
  • 『消費者情報』関西消費者協会へ「生活力アップ豆知識」掲載開始(2010年11月号より)/関西お客様コミュニケーション技術研究会
  • 公開講座「変わる消費者にマーケティングはどう応えるか」開催(2011年1月)
  • 「電話応対実務マニュアル・Eメール応対実務マニュアル(分科会活動報告資料)」発行/「お客様対応を考える」分科会(2011年3月)
第31期(2009年4月~2010年3月)
代表理事 鍵谷 泉
ユニ・チャーム(株)
関西支部長 中川 普巳重
京都リサーチパーク(株)
九州支部長 伊豫田 未希
(株)九州電力
ヒーブ視点での情報発信~生活者と企業のより豊かな関係を目指して~
  • 公開講演「消費者・行政・企業の新たな関係づくり」開催(2009年4月)
  • 関西支部公開講座「魅力ある人で組織を埋めつくす」開催(2009年5月)
  • 九州支部公開講座「21世紀型の企業・生活者・働き方とは~水戸岡流デザイン視点に学ぶ~」開催(2009年6月)
  • 公開講座「【o:kun】自分に、他人に、地球にありがとう」開催(2009年7月)
  • 関西支部 ACAP合同月例研究会開催(2009年9月)
  • 合同月例研究会を関西で開催(2009年10月)
  • 関西支部公開講座 ヒーブセミナー開催(2009年11月)
  • 公開講座「話題注目商品2009-2010」開催(2010年1月)
  • 公開講座「消費者・企業の相互理解と信頼構築をめざして~消費者市民社会を考える~」開催(2010年3月)
第30期(2008年4月~2009年3月)
代表理事 三田 まり子
(株)販売促進研究所
関西支部長 川口 徳子
日本ハム(株)
九州支部長 岩井 美樹
(有)リリアプロジェクト
日本人の生活力を考える~現在(いま)の時代を生き抜く生活力とは~
  • 公開講演会「Small but Excellent」開催(2008年4月)
  • 関西支部公開講座「私らしく働くために ~今、生活者と企業に求められるもの~」開催(2008年5月)
  • 九州支部公開講座「”浪速のカリスマ添乗員”が語る ほんまもんのサービスはこれや!」開催(2008年6月)
  • 公開講座「食の安全と安心~消費者の不安に企業としてどう応えるか~」開催(2008年7月)
  • 関西支部 ACAP合同月例研究会開催(2008年9月)
  • 九州支部15周年記念公開講座「ムッシュ・キハチが語る 食育・環境・情報力~食卓は世界とつながっている~」開催(2008年9月)
  • 公開講座「社会的要請に応える経営と会社の評判管理~生活者起点にたってヒーブ会員に期待するもの~」開催(2008年11月)
  • 関西支部公開講座 ヒーブセミナー開催(2008年11月)
  • 関西支部 ACAP・ヒーブ施設見学会開催(2008年11月)
  • 公開講座「21世紀の日本人の生活力とは」開催(2008年12月)
  • 有限責任中間法人から「一般社団法人日本ヒーブ協議会」へ移行(2008年12月)
  • 創立30周年記念式典「日本人の生活力を考える~現在(いま)の時代を生き抜く生活力とは~」開催(2009年2月)
  • 「情報カード活動報告書」(30周年記念)発行(2009年2月)
  • 日本ヒーブ協議会30周年記念式典「日本人の生活力を考える~現代を生き抜く生活力とは」開催(2009年2月)
  • 関西支部25周年記念「ヒーブフェスタ関西25th」開催(2009年2月)
  • 公開講座「話題注目商品2008-2009年」開催(2009年3月)
  • 九州支部15周年記念フォーラム「消費者に信頼される企業とは~不況を生き抜く、モノ・ヒト・カイシャ~」開催(2009年3月)
第29期(2007年4月~2008年3月)
代表理事 有田 里夏
はごろもフーズ(株)
関西支部長 中野 まゆみ
松下電器産業(株)
九州支部長 平野 美由紀
(有)エム・アンド・イー
ヒーブ発、ホットリレーション~共生と対話の中から~
  • 公開記念講演開催「花王の企業姿勢とよきモノづくり」開催(2007年4月)
  • 関西支部公開講座「心脳マーケティング-生活者の心をつかむには」開催(2007年5月)
  • 九州支部公開講座「地域を仕掛ける~トークセッション~地域に求められるモノ、企業とは?」開催(2007年5月)
  • 公開講座「現在流通事情~多様化する顧客接点~」開催(2007年7月)
  • 事務局移転(2007年9月)
  • 関西支部公開講座 ヒーブセミナー開催(2007年10月)
  • ヒーブ仕事市記念講演開催(2007年11月)
  • 公開講座「Park Corporation 5つの資産」開催(2008年3月)
  • 2007年度「会員意識調査報告書」発行(2008年3月)
第28期(2006年4月~2007年3月)
会長 仁見 貞子 日本製粉(株)
関西支部長 三山 雅代
(株)タカキベーカリー
九州支部長 藤本 久美
九州電力(株)
発展するヒーブを目指して~未来あるべき姿に向かい参加・行動・発信する~
  • 公開講演会「ビジネスの基本はコミュニケーション~『心』を掴みダイエー再建にかける~」開催(2006年4月)
  • 関西支部公開講座「暮しの手帖からみた、生活者の暮しとこれから」開催(2006年5月)
  • 九州支部公開講座「社史を通して企業を知る~市民に愛される企業とは」開催(2006年5月)
  • 公開講座「日経ウーマンのヒット企画に見る働く女性の今」開催(2006年7月)
  • 合同月例研究会を関西で開催(2006年9月)
  • 関西支部公開講座 ヒーブセミナー開催(2006年11月)
  • キャリアアップセミナー「コミュニケーションスキルアップ~コーチングに学ぶ 聞く力を育てよう~」開催(2006年12月)
  • 第7回「働く女性と暮らしの調査-女性が生き生きと働き続けるために-」発行/調査グループ(2006年12月)
  • ヒーブ仕事市記念講演開催(2007年1月)
  • 公開講座「女性・生活者の視点を活かす」開催(2007年3月)
  • 欧州視察研修/食育とリスクコミュニケーション研究会
  • 「E-Mail対応マニュアル」作成/お客様コミュニケーション技術研究会(関西)
第27期(2005年4月~2006年3月)
会長 三浦 千佳子 日清製粉(株)
関西支部長 岡田 純子
(株)ダスキン
九州支部長 花田 泉
クリエイティブオフィスBeans
進化するヒーブを目指して~時代の風を読み解き、自ら発信・行動する~
  • 公開講座「ベネッセコーポレーションとCSR~事業活動におけるCSRの実現と女性の果たす役割~」開催(2005年4月)
  • 関西支部公開講演会「女子高生の視点から見た現在(いま)・未来」開催(2005年5月)
  • 九州支部公開講座「パイプ役からファシリテーターへ~ファシリテーターワークショップ~」開催(2005年5月)
  • 公開講座「ヒット商品創造の時流を読む」開催(2005年7月)
  • 九州支部公開イベント ヒーブ生活見本市開催/合同月例(九州)(2005年9月)
  • キャリアアップセミナー「ファシリテーションを学ぶ」開催(2005年10月)
  • 関西支部公開講座 ヒーブセミナー開催(2005年11月)
  • 九州支部公開講座 「生活見本市報告会」開催(2005年11月)
  • 「ヒーブ仕事市」を大手町カフェで開催(2006年1月)
  • 九州支部公開講座「あなたが企業を変える力になる!~企業を変える女性たち~」開催(2006年2月)
第26期(2004年4月~2005年3月)
会長 須古 邦子 森永製菓(株)
関西支部長 中川 普巳重
京都リサーチパーク(株)
九州支部長 平島 磯美
(株)ふくや
発信するヒーブを目指して~ヒーブ力のパワーアップ~
  • 公開講座「レッツ・チャレンジ21世紀の働く女性」開催(2004年4月)
  • 「生活者と企業の豊かな関係をつくる女性たち」(25周年記念)発行(2004年4月)
  • 関西支部公開講座「生活者と企業のより良い信頼関係を目指して」開催(2004年5月)
  • 九州支部公開講座「目指せ!消費者志向企業~ふくやの取り組みの事例~」開催(2004年5月)
  • ヒーブ・ACAP合同交流会開催(2004年7月)
  • キャリアアップセミナー「ビジネスにおけるコーチング」開催(2004年10月)
  • 関西支部ヒーブ・ACAP合同研究会「P7/ヒット確率100%のシステマティック商品企画法」開催(2004年10月)
  • 関西支部公開講座 ヒーブセミナー開催(2004年11月)
  • 九州支部公開講座「これからの働き方について考える~どう働きますか?どう生きますか?」開催(2004年11月)
  • ヒーブ・ACAP施設見学会開催(2005年1月)
  • 九州支部公開講座 ヒーブワークショップ開催(2005年3月)
第25期(2003年4月~2004年3月)
会長 今中 陽子 (株)電通
関西支部長 三山 雅代
(株)アンデルセン・パン生活文化研究所
九州支部長 丸野 香代子 (株)談
~変わる生活者、変わる企業~ヒーブ力のパワーアップを目指して
  • 公開講座「金八先生から国際ボランティアへ―その発想の原点と活動を探る、働く女性たちは今、何をなすべきか―」開催(2003年4月)
  • 関西支部公開講座「私の経営観」開催(2003年5月)
  • 九州支部公開講座「人を集める・人が集まる―福岡市におけるビジターズ都市の可能性―」開催(2003年5月)
  • 日本ヒーブ協議会設立25周年記念シンポジウム「生活者と企業の新しい関係づくりを考える」開催(2003年10月)
  • 関西支部15周年記念シンポジウム「『発想の転換』~自己実現からマーケティングまで~」開催(2003年10月)
  • 九州支部10周年記念シンポジウム「『いいちこの世界』を貫いて」開催(2003年10月)
  • 働く女性のための商品提案「バッグ」「靴」のヒーブコレクション発表(2003年10月)
  • 「お仕事イエローブック」発行/九州支部(2003年10月)
  • 第6回「働く女性と暮らしの調査-女性が働き続ける社会に向けて-」発行/調査グループ(2003年10月)
  • 「クレームを中心とした電話応対実務マニュアル」発行/関西支部お客様コミュニケーション技術研究会(2004年3月)
第24期(2002年4月~2003年3月)
会長 近藤 美文 (株)白洋舎
関西支部長 佐々木 映
松下冷機(株)
九州支部長 宮崎 和恵
おおいたインフォメーションハウス(株)
「共創」からの発信~さらなるネットワーキングとコミュニケーション~
  • 公開講座「くらしの未来像-如何に暮らすか、如何に生きるか-」開催(2002年4月)
  • 関西支部公開講座「リーダーシップと強い組織づくり」開催(2002年5月)
  • 九州支部公開講座「新しい価値観の街づくり~グローバルネットワーク~」開催(2002年5月)
  • 消費者問題神戸会議にて分科会活動の成果として「BSE報道事例における情報の伝わり方」発表(2002年10月)
  • 公開講座「企業倫理とコンプライアンスー経営の誠実さを競争力に変えるたるに-」開催(2002年12月)
  • 国民生活センター全国消費者フォーラムにて発表(2002年12月)
  • 法人格を取得し、「有限責任中間法人日本ヒーブ協議会」を設立(2003年2月)
第23期(2001年4月~2002年3月)
会長 江川 隆子
第一生命保険(相)
関西支部長 宮永 裕子
サントリー(株)
九州支部長 厚地 佳代子
(株)フジエテキスタイル福岡
ヒーブの真価"共創"の追求~広がる・超える・響きあうコミュニケーション~
  • 公開講座「もっと素敵にワーキングライフ」開催(2001年4月)
  • 関西支部公開講座「女性の魅力とは?~自己実現を目指すために~」開催(2001年5月)
  • 九州支部公開講座「〝生物人類学〟の視点で考える新しい商品開発」開催(2001年5月)
  • 公開講座「ITが変える〝社会・経済・生活〟」開催(2001年12月)
  • 国民生活センター全国消費者フォーラムにて発表/調査グループ(2001年12月)
第22期(2000年4月~2001年3月)
会長 片岡 まり (株)資生堂
関西支部長 笠原 洋子
シャープ(株)
九州支部長 清澄 由美子
(株)ファウプ
新たなヒーブの真価『共創』~コラボレーション&ネットワーキング~
  • 公開講座「生活者と共に創る価値~コラボレーション&ネットワーキング~」開催(2000年4月)
  • 関西支部公開講座「お客様のために進化する、21世紀型企業への挑戦」開催(2000年5月)
  • 九州支部公開講座「インターネットが生活者・企業にもたらすメリット・デメリット~情報格差のこれからを探る」開催(2000年5月)
  • 消費者会議神戸にて「お客様と企業のコミュニケーションを円滑にすすめるためのアンケート調査結果」発表/関西支部 お客様コミュニケーション技術研究会(2000年10月)
  • 公開講座「真のコラボレーション(共創)のために~これからのコミュナニケーションの在り方を探る」開催(2000年12月)
  • 第5回「働く女性と暮らしの調査-働く女性が感じる不安と価値観-」発行/調査グループ(2001年3月)
第21期(1999年4月~2000年3月)
会長 脇田 真知 サンスター(株)
関西支部長 西浦 けい子
(株)マンダム
九州支部長 矢野 環
松下電器産業(株)
新たなヒーブの真価とは!~生活者にとっての価値をいかに創造するか~
  • 公開講座「21世紀に望まれる企業と人材」開催(1999年4月)
  • 関西公開講座「<快>から<健康>そして<環境>生活者が創る新しい価値を見つけよう」開催(1999年5月)
  • 九州支部公開講座「企業づくり、企業そだて、生活者に選ばれる企業に~生活者をもっと知ろう」開催(1999年5月)
  • 「働く女性の視点から見た郵便局の在り方に関する調査研究報告書」発行/20周年記念プロジェクト(1999年5月)
  • 公開講座「バリアフリーという名のバリアフル」開催(1999年12月)
  • 国民生活センター全国消費者フォーラムにて研究発表/これからの衣生活を考える会・労働環境研究会(1999年12月)
第20期(1998年4月~1999年3月)
会長 深川 幸子 花王(株)
関西支部長 高井 晶子
積水ハウス(株)
九州支部長 花田 泉
西日本リビング新聞社
しなやかにエンパワーメント~新たなヒーブの真価とは! 生活者をどう捉えるか~
  • 公開講座「豊かなくらしを再考する-環境の時代・福祉の時代-」開催(1998年4月)
  • 関西支部公開講座「生活者が求める真の価値とは-心理相談現場から見える新しい生き方-」開催(1998年5月)
  • 九州支部公開講座「生活者の視点で環境をチェックする-省エネ環境家計簿って何?」開催(1998年5月)
  • ヒーブ学生セミナー「21世紀に向けて、企業の求める人材って?―今、企業で女性はこんな仕事をしています―」(1998年5月)
  • 20周年記念事業 基調講演「しなやかに、エンパワーメント」開催(1998年10月)
  • 関西支部15周年公開講座 「これからの時代に望まれる企業と人」開催(1998年10月)
  • 九州支部5周年公開講座 「新社会人・実践のススメ~エビキュリアンの仕事」開催(1998年10月)
  • 働く女性が望む「キャリアファッション」提案(1998年10月)
  • 第4回「働く女性と暮らしの調査-働く女性の描くライフデザイン-」発行/調査グループ(1998年10月)
  • 「ヒーブ仕事の本―生活者視点の活かし方」(20周年記念)発行/20周年プロジェクト(1998年10月)
  • 「クレームを中心とした電話応対実務マニュアル」発行(1998年10月)
  • ベストリーダーシップ賞制定
第19期(1997年4月~1998年3月)
会長 南 節子 日本電信電話(株)
関西支部長 塩澤 美稚子
アクセーヌ(株)
九州支部長 平島 磯美
(株)ふくや
ヒーブ視点の情報発信~ライフステージから見たコミュニケーションのあり方を探る~
  • 公開講座「成熟社会における企業と生活者の異心円」開催(1997年4月)
  • 関西支部公開講座「価値多様化時代における生活者と企業の新しいあり方」開催(1997年5月)
  • 九州支部公開講座「これからの高齢者問題と生活者、企業のあり方」開催(1997年5月)
  • 「労働環境研究会」が北欧労働環境視察研修/労働環境研究会(1997年9月)
  • 「高齢化社会の食生活」発行/生活者研究プロジェクト(1997年11月)
  • 北欧消費者問題視察研修(1997年12月)
  • 公開講座「崖っぷちの日本経済~新たな繁栄条件を探る~」開催(1997年12月)
  • 「高齢社会を支える住環境-現状分析とバリアフリー社会への提言-」発行/生活者研究プロジェクト(1998年3月)
  • ホームページ開設
第18期(1996年4月~1997年3月)
会長 石川 純子 (株)西友
関西支部長 江口 あつみ
サントリー(株)
九州支部長 佐々木 喜美代
(株)プランニング秀巧社
新しい情報社会とくらしの融合~変化する時代、ヒーブの役割~
  • 公開講座「インターネットストラテジー」開催(1996年4月)
  • 関西支部公開講座「新しい情報社会における生活者と企業」開催(1996年5月)
  • 九州支部公開講座「外国企業のアジア戦略そして九州という立地」開催(1996年5月)
  • 「子供たちの朝ごはん―イラストアンケート調査結果」発行/朝食研究会(1996年10月)
  • 公開講座「3年後、仕事のカタチ くらしのカタチ」開催(1996年12月)
第17期(1995年4月~1996年3月)
会長 伊藤 晶子 (株)東芝
関西支部長 野村 尚子
大和ハウス工業(株)
九州支部長 伊佐 真理子
(株)シロヤパリガン
ヒーブが描くライフデザイン~連帯社会の構築にむけて~
  • 公開講座「男女共同参画時代を目指して-高齢化社会と女性-」開催(1995年4月)
  • 関西支部公開講座「PL法を導入を契機とした製品安全の取り組みについて」開催(1995年5月)
  • 九州支部公開講座「PL法とは 生活者・行政・企業にとってのPL法」開催(1995年5月)
  • 第3回「働く女性と暮らしの調査-働く女性の生活価値観-」発行/調査委員会(1995年8月)
  • 「震災対応マニュアル」発行/関西支部(1995年9月)
  • 東京都ウィメンズプラザオープンイベント参加/労働環境研究会(1995年11月)
  • 公開講座「北京会議が問いかけるもの」開催(1995年12月)
  • 「これからのパートナーシップ~共に働き共に暮らしていくために-働く女性と暮らしの調査 グループインタビュー調査結果のまとめにかえて-」発行/調査委員会(1996年3月)
第16期(1994年4月~1995年3月)
会長 利重 由紀子 (株)ミキモト
関西支部長 萱島 頼子
(株)タカキベーカリー
九州支部長 久留 百合子
(株)西日本銀行
ヒーブが描くライフデザイン~調和がとれた新しい生活を目指して~
  • 九州支部設立(1994年4月)
  • 公開講座「私という衣装」開催(1994年4月)
  • 「働く女性たちが考えたOLのためのお弁当の本」ブティック社から出版/お弁当の本プロジェクト(1994年4月)
  • 関西支部公開講座「いい女が創る心豊かな人間関係~広げる深める話し合う~」開催(1994年5月)
  • 働く女性のためのバッグ「ヒーブバッグ」発売開始(1994年8月)
  • 九州支部設立記念公開講座「笑顔からのメッセージ」開催(1994年9月)
  • 公開講座「成功した週刊誌の発想の原点は何か~読者志向物作りとは~」開催(1994年12月)
  • 「仕事と子育て いきいき過ごすには-ヒーブ達の子どもと子育てに関する調査-」発行/1.57人を考える研究会(1994年12月)
  • 「在宅寝たきり老人に対する東京23区のサービス」発行/福祉を考える研究会(1994年12月)
  • ヒーブセミナー「家族が変わる、暮らしが変わる~調和のとれた新しい生活を求めて~」開催(1995年2月)
  • 親子料理教室実施/朝食研究会(1995年3月)
  • ヒーブ生活講習スタート(1995年3月)
第15期(1993年4月~1994年3月)
会長 早川 祥子 (株)資生堂
関西支部長 岡田 圭子
シャープ(株)
ヒーブが描くライフデザイン
  • 公開講座「女性が輝く時代」開催(1993年4月)
  • 関西支部公開講座「男と女で創る新しい生活の価値観」開催(1993年5月)
  • 日本ヒーブ協議会15周年記念事業国際フォーラム「生活変化の行方」開催(1993年7月)
  • 働く女性のベストパートナー賞制定(1993年7月)
  • 「ヒーブ白書―21世紀のライデザインより良い社会のために働くヒーブ」(15周年記念)発行(1993年7月)
  • ’93消費者問題神戸会議にて研究発表/朝食研究会(1993年9月)
  • 第1回ヒーブキャリアアップスクール開催(1993年10月)
  • 関西支部10周年記念講演「翔ぶ関西21世紀に向けた国際化~関西国際空港の開港の機に~」開催(1993年11月)
  • 公開講座「ハーバード・ウーマン ガラスの天井に挑む女たち」開催(1993年12月)
  • 「衣生活通信」第1号発行/これからの衣生活を考える会(1994年1月)
  • 「働く女性たちが考えたOLのためのお弁当の本」発行/「お弁当の本」プロジェクト(1994年3月)
第14期(1992年4月~1993年3月)
会長 蟹瀬 令子 (株)博報堂
関西支部長 久留 百合子
(株)西日本銀行
ヒーブの視点で“生活の新しい基本”を探る
  • 公開講座「女性の能力の生かし方・生かされ方」開催(1992年4月)
  • 関西支部公開講座「市場経済は、生活者とどのようなかかわり方をしているか」開催(1992年5月)
  • 「働く女性たちが考えた朝食の本」ブティック社より出版/朝食研究会(1992年5月)
  • ヒーブ特別セミナー「ヒーブとしてPL問題を考える」開催(1992年8月)
  • 関西支部公開講座「企業における今後の環境問題への取組みについて‐行政の立場から」開催(1992年9月)
  • 「環境に配慮したライフスタイルの研究―多摩川流域居住者の生活排水とごみに関する調査」発行/エコリング・フォーラム(1992年9月)
  • 消費者問題神戸会議で研究発表/エコリング・フォーラム、これからのマーケティングを考える会(1992年10月)
  • 公開講座「生活大国ってナンですか」開催(1992年12月)
  • 「女性の社会進出と住まいの情報化」発行/働く女性の暮らし研究会(1993年3月)
  • 「クレームを中心とした電話応対実務マニュアル」発行/関西支部お客様コミュニケーション技術研究会(1993年3月)
  • 「働く女性のための食生活ハンドブック」発行/調査委員会(1993年3月)
第13期(1991年4月~1992年3月)
会長 山本 加津子
(株)主婦の友社
関西支部長 上田 理恵子
ダイキン工業(株)
ヒーブとして地球時代の企業と暮らしのあり方を考える
  • 関西支部公開講座「新しい社会動向とヒーブの役割-意識・行動の変容と新たな期待-」開催(1991年5月)
  • 第2回「働く女性と暮らしの調査-働く女性の生活価値観-」発行/調査委員会(1991年6月)
  • 「変化の時代―ウォッチング 90年代ヒーブが探る元気な社会」発行/関西支部(1991年7月)
  • ヒーブ特別セミナー「新ヒーブ考-いま考えたいヒーブの資質と役割」開催(1991年8月)
  • 関西支部公開講座「変貌する福岡大都市圏」開催(1991年9月)
  • 公開セミナー「働く女性の暮らしはこれからどうなっていくのか-働く女性の仕事・家庭-」開催(1991年10月)
  • 「日米ヒーブ・ワーキングウーマンの仕事と暮らし―労働意識・生活意識とライフスタイル・家事意識」発行/調査委員会(1991年10月)
  • 公開講座「地球時代に企業・女性が果たすべき社会的役割」開催(1991年12月)
  • 公開セミナー「環境問題を考える-生活者・企業・行政の立場から-」開催(1992年3月)
第12期(1990年4月~1991年3月)
会長 羽澄 愛子 日清製粉(株)
関西支部長 佐藤 友美子
サントリー(株)
新価値時代~地球レベルで考えるこれからの生活価値~
  • 関西支部公開講座「私たちの敵か味方か-21世紀の企業の判定基準-」開催(1990年5月)
  • 米国食肉輸出連合会と共催セミナーを開催(1990年6月)
  • 特別セミナー「新価値時代-ライフリスラクチャリング生活者の欲求を満たすサービスのあり方」開催(1990年8月)
  • 公開シンポジウム「21世紀にむけての生活者と企業のあり方-豊かさの中で失われつつあるものとは-」開催(1990年12月)
  • 「働く女性とコミュニケーションに関する調査」発行/マーケティング研究会(1991年2月)
  • 「働く女性たちが考えた朝食の本」発行/朝食研究会(1991年3月)
第11期(1989年4月~1990年3月)
会長 近藤 康子 サントリー(株)
関西支部長 佐々木 良子
日本生命保険(相)
豊かさからの、豊かさへの受信・発信
  • 関西支部公開講座「企業の中の女性の役割-明日の生活者を探る-」開催(1989年5月)
  • 公開シンポジウム「働く女性の望む情報と暮し」開催/働く女性の暮し研究会(1989年6月)
  • ヒーブ特別セミナー「これからのヒーブの役割と協議会のあり方」開催(1989年8月)
  • 公開シンポジウム「豊かさへの新たなる視点-健康・文化・暮らしの行方」開催(1989年12月)
第10期(1988年4月~1989年3月)
会長 内藤 益子 ジョンソン(株)
関西支部長 井上 綾子
松下電器産業(株)
豊かな明日をめざして
  • 日本ヒーブ協議会10周年記念「豊かな明日展」を日本橋高島屋にて開催(1988年5月)
  • 関西支部ヒーブセミナー「生活者の目、企業の目-ヒーブの役割と今後の展望」開催(1988年7月)
  • ヒーブ特別講座「成熟する社会の中でヒーブの役割を認識する」開催(1988年8月)
  • 関西支部5周年記念公開講座「神戸・個性的な街づくり」開催(1988年9月)
  • 「ヒーブの仕事の本~生活者視点の活かし方」発行/20周年プロジェクト(1988年10月)
  • 日本ヒーブ協議会10周年記念式典公開シンポジウム「今、豊かさとは何か」開催(1988年12月)
  • ベストヒーブ賞発表スタート(1988年12月)
  • 「ヒーブ白書~豊かな明日に向かって~」(10周年記念)発行(1988年12月)
  • 公開講座「最近の消費者問題と企業の消費者対応について」開催/消費者対応研究会(1989年2月)
  • 「働く女性の望む情報と暮し―21世紀の家庭内メディアのあり方を探る」発行/働く女性とHA・暮らし研究会(1989年3月)
  • 「働く女性たちが考えた朝食の本」発行/朝食研究会(1989年3月)
第9期(1987年4月~1988年3月)
会長 藤田 せつ
(株)富士通ゼネラル
関西支部長 中川 潤子
シャープ(株)
期待されるヒーブをめざして
  • 関西支部公開講座「企業と消費者のコミュニケーションを考える」開催(1987年5月)
  • 「働く女性の環境と課題」発行/関西支部(1987年6月)
  • 特別講座「消費者と企業の本当のパイプ役とは―ヒーブの目指す企業での役割―」開催(1987年6月)
  • 公開シンポジウム「豊かな明日に向けて―もの・心・くらしを考える―」開催(1987年12月)
  • 経済企画庁主催「消費者問題国民会議」に協賛(1987年12月)
第8期(1986年4月~1987年3月)
会長 鍋田 弘子
日本コカ・コーラ(株)
関西支部長 沖田 のり子
(株)資生堂
期待されるヒーブをめざして
  • 関西支部公開講座「女たちが働く時」開催(1986年5月)
  • 米国ヒーブ協議会の国際部会に正式加入(1986年8月)
  • 公開シンポジウム「街が変わる、暮らしが変わる―今、ヒーブは何をするべきか―」開催(1986年12月)
第7期(1985年4月~1986年3月)
会長 玉木 茂子 オランダ酪農協会
新しい役割を求めて~高度情報化社会とヒーブ~
  • 第61回全米HEIB大会参加(1985年6月)
  • 関西支部第1回ヒーブ学生セミナー開催(1985年7月)
  • 関西支部公開講座「働く女性の弱さ、たくましさ」開催(1985年9月)
  • ACAPとの合同フェスティバル開催(1985年10月)
  • 公開シンンポジウム「急進展する高度情報化社会」開催(1985年12月)
  • 経済企画庁主催「消費者問題国民会議」に協賛(1985年12月)
  • ヒーブ公開セミナー「企業にとって今なぜ、ヒーブは必要か」開催(1986年1月)
  • 第1回「働く女性と暮しの調査-高度情報社会との接点を求めて-」発行/調査委員会(1986年3月)
  • 「高度情報化社会とヒーブ~ツーウェイ・コミュニケーションの核としてのヒーブの役割を考える」発行/月例研究会(1986年3月)
第6期(1984年4月~1985年3月)
会長 山内 志津子 (株)資生堂
新しい役割を求めて
  • ACAPとの合同フェスティバル開催(1984年6月)
  • 第60回全米HEIB大会参加(1984年6月)
  • 関西支部設立(1984年9月)
  • 関西支部ACAP合同研究会開始(1984年12月)
  • 「高齢化社会と企業―手さぐりの高齢者市場」発行/月例研究会(1985年3月)
第5期(1983年4月~1984年3月)
会長 長田 道子 レック(株)
行動するヒーブ~新しいコミュニケーションを求めて~
  • 「日本ヒーブ協議会5周年の集い」開催(1983年12月)
  • 「ヒーブ白書~女はこう働く~」(5周年記念)発行(1983年12月)
  • 「洗う」発行/洗濯研究会(1983年12月)
第4期(1982年4月~1983年3月)
会長 八木 茂子 花王(株)
行動するヒーブ
  • 関西にて初の公開講座「企業活動と女性の役割」開催(1982年9月)
  • 第1回消費者セミナー「パッケージはあなたに語りかけています」開催(1983年2月)
  • 「家庭における洗濯について―主婦の意識と実態調査―」発行/洗濯研究会(1983年3月)
  • 「ヒーブのためのグループインタビュー・チェックリスト」発行/調査分科会シニアチーム(1983年3月)
第3期(1981年4月~1982年3月)
会長 落合 良 ソニー(株)
ヒーブとしての能力向上をめざしてⅡ
  • 日本家政学会「ヒーブ部会」と懇談会実施(1981年10月)
  • 国民生活センター渕野辺研修センターにて合同合宿(1981年10月)
  • 第1回東京都家庭科教育研究会「消費者教育に関する研修会」後援(1982年1月)
  • 「あなたがヒーブになるために」有斐閣選書より出版(1982年2月)
第2期(1979年10月~1981年3月)
会長 篠崎 悦子 東京電力(株)
ヒーブとしての能力向上をめざして
  • 国際パネル討論会「省エネルギー時代の企業と消費者」(財)省エネルギーセンターと共催(1979年10月)
  • ヒーブ・ACAP・消費生活アドバイザーによる公開パネル討論会「企業における今後の消費者業務の展望」(1980年4月)
  • 第1回ヒーブ学生セミナー「あなたがヒーブになるために」開催(1980年6月)
  • 「消費者動向の分析―企業が消費者に応えていくために」発行/調査委員会(1980年6月)
  • 「職業をもつ主婦の意識と実態」発行/調査委員会(1981年3月)
第1期(1978年9月~1979年9月)
会長 篠崎 悦子 東京電力(株)
  • 日本ヒーブ連絡協議会設立総会(1978年9月26日)
  • 企業と消費者のパイプ役をしている女性を組織化しようと発起人6名で準備し参加者115名(95社)でスタート
  • 第一回日本家政学会「ヒーブ部会」との懇談会実施(1979年3月)
  • 会員実態調査「企業の消費者関連部門で働く女性像」(1979年5月)
  • 日本ヒーブ連絡協議会第1期総会 「日本ヒーブ協議会」と改称(1979年9月5日)

ヒーブ会員・会員企業の表彰

2018年05月07日
特別会員の片岡まりさんが、平成30年度消費者支援功労者表彰「内閣府特命担当大臣表彰」を受賞しました
2017年06月09日
正会員の三田まり子さんが、平成29年度消費者支援功労者表彰「ベスト消費者サポーター章」を受賞しました
2017年05月26日
日本ヒーブ協議会が、平成29年度消費者支援功労者表彰「内閣府特命担当大臣表彰」を受賞いたしました
2016年06月09日
特別会員の須古邦子さんが、平成28年度消費者支援功労者表彰「内閣府特命担当大臣表彰」を受賞しました
2015年12月08日
一般財団法人 日本産業協会「消費生活アドバイザー資格制度創設35周年記念企業・功労者表彰」において日本ヒーブ協議会の3名の方が受賞しました! ◆日新製糖株式会社 中村尚美さんが「経済産業大臣表彰」 ◆味の素ゼネラルフーヅ株式会社 志保沢久子さん、ライオン株式会社 土屋ゆかりさんの2名が「日本産業協会会長感謝状」を受賞されました。
2015年06月01日
会員企業の公益財団法人生命保険文化センター様が平成27年度消費者支援功労者表彰「ベスト消費者サポーター章」を受賞しました
2015年05月26日
特別会員の石川純子さんが、平成27年度消費者支援功労者表彰「内閣府特命担当大臣表彰」を受賞しました
2014年04月25日
正会員の髙野逸子さんが平成26年度消費者支援功労者表彰「内閣府特命担当大臣表彰」を受賞しました
2013年04月30日
正会員の川口徳子さんが平成25年度消費者支援功労者表彰「内閣府特命担当大臣表彰」を受賞しました
2012年06月14日
特別会員の深川幸子さんが平成24年度消費者支援功労者表彰「内閣府特命担当大臣表彰」を受賞しました
2011年06月10日
正会員の杉本美穂さんが平成23年度消費者支援功労者表彰「内閣府特命担当大臣表彰」を受賞しました
2011年02月22日
元正会員の金子庸子様「旭日中綬章」に輝く
2008年08月02日
特別会員の近藤康子さんが平成20年度消費者支援功労者表彰を受賞しました