協議会について

  1. HOME
  2. 協議会について

日本ヒーブ協議会とは

日本ヒーブ協議会は、消費者関連部門で働く女性が「生活者と企業のパイプ役」としてより良い仕事をするため、その能力向上を目的に1978年に創立しました。多様な業種、多様な部門に属する女性たちが集い、異業種交流の特徴を活かしながら情報や意見の交換を積極的に行い、生活者と企業の信頼ある関係構築へ向けて活動しています。

詳しくは、「What is HEIB?」をご覧ください

ヒーブとは

ヒーブ(HEIB)はHome Economists In Business(企業内家政学士)の略で、生活者と企業のパイプ役を果たすことを目的に、1923年にアメリカ家政学会の一分科会として設立されたのが発祥です。
日本では、家政学出身であることにこだわらず、企業の消費者関連部門(消費者相談、商品開発、マーケティング、広報など)で働く女性の呼称として、カタカナで『ヒーブ』と呼ぶことにしました。

日本ヒーブ協議会の組織

組織図

事業計画・事業報告

過去~現在までの事業計画書・報告書を掲載

事業計画

事業報告

決算公告

日本ヒーブ協議会は、定款第5条に基づき決算公告を掲載します。

過去の決算公告はこちらから